Make Your T-shirt自分にしかない個性を表現しよう

TOP > Tシャツ > Tシャツ作成 > 素材に注目をしたTシャツ作成

素材に注目をしたTシャツ作成

オリジナルのTシャツ作成に興味のある人は、年々増加の傾向にあるとされ、魅力あるアイテムを手に入れるために、適切な素材を選ぶことがとても肝心です。 近頃は、リーズナブルな価格の化学繊維を選択する人が目立っていますが、それぞれの素材のメリットやデメリットを厳しく比較することが必要となります。

また、Tシャツ作成に定評のある業者にメールや電話などで相談を持ち掛けることで、専門のスタッフに丁寧な説明を受けることもできます。 もしも、Tシャツ作成のコツをスムーズに覚えたい場合には、経験者の口コミに目を通すことも有効です。

インクジェット印刷でTシャツ作成をしましょう

濃色生地用のプリントは、抜染プリントという方法で、生地の色を一度漂白してからカラー印刷をしていました。そのため、白色の印刷は綺麗に印刷をすることが出来なかったですし、色を抜いた状態のシャツにカラー印刷を行うので、鮮やかな色を綺麗に出す事も出来ませんでした。

ホワイトインクに対応することで印刷可能デザインが大幅に増え、赤いシャツや黒いシャツなど濃色生地のシャツにも対応し、フルカラー印刷をすることが可能となりました。1枚から発注する事も出来ますし、インクの目つまりなども行らないので綺麗にTシャツ作成が出来ます。

Tシャツ作成はシルクスクリーンがおすすめです

シルクスクリーンは、最も一般的に使用されている方法で、版を作成し1色ずつ染めていく方法です。3色の色を使用する場合には3枚の板が必要となります。色数が増えれば増えるだけ値段が高くなっていきます。

しかし1度版を作成すれば後は色代だけで良くなるので大量生産をする場合には安価でTシャツ作成をすることが出来ます。市販で売られているシャツはほとんどがシルクスクリーン方法で作成されたシャツとなります。インクで色を付けていくので、思い通りの色に仕上げることが出来ますし、鮮やかな色も綺麗に印刷することが出来ます。

Tシャツ作成をするならシルクスクリーンが良いです

最も一般的なプリント方法のシルクスクリーンは、1色ずつ版を作成しインクで印刷していくプリント方法です。1色だけであれば1枚の板で良いですが、3色使う場合には3枚の板が必要となるので、色数が多ければ多いほど価格が高くなるのが特徴です。

しかし1度版を作成してしまえば、次回からは印刷代だけで良くなるので、大量生産をする場合には、他の方法と比べ安価になることが多いです。市販で販売されているシャツはほとんどがシルクスクリーンで作成されています。インクで色をプリントするので、希望通りの色を付ける事が出来ますし、耐久性がとても良く簡単にTシャツ作成をすることが出来ます。

Tシャツ作成をして販売してみよう

趣味がなくなってしまったという人はTシャツ作成を始めてみてはいかがでしょうか?もし今後もっと自分の腕が上がっていったら最終的には販売することができるかもしれません。最近ではアプリなどで簡単にハンドメイドの作品を販売することができます。

きちんとした口座があって、そういったやり取りができる人であればすぐにでも始めることができます。登録自体も10分程度あればできてしまいます。アプリではどのようなアイテムを皆さんが作成しているのかを見るだけでも楽しいですよ。または自分で作成したTシャツをフリーマーケットで売るということもできます。趣味を楽しみ更にはお小遣いまで手に入るのは嬉しいですね

オリジナルTシャツ作成はプリントTシャツドットコム

運営会社:株式会社フレンドヒロ

本社 〒538-0054 大阪府大阪市鶴見区緑2-7-6

オフィスビル 〒571-0048 大阪府門真市新橋町28-11

http://www.print-tshirts.com/ 【PC】
https://fh-t.jp/ 【スマフォ】

オリジナルのパーカー、オリジナルのブルゾン、オリジナルのうちわなども作れます。

オリジナルTシャツ作成の手順を詳しく解説。
http://www.print-tshirts.com/guide/flow.html

Tシャツ作成関連

メニュー

TOP Tシャツ オリジナルTシャツ 一枚だけのオリジナルtシャツ Tシャツ作成 素材に注目をしたTシャツ作成

オリジナルTシャツ作成をお考えなら、まずはオリジナルTシャツの作成方法、費用などを勉強しましょう。

オリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら。兵庫や大阪、京都、東京といった地域の小学校、中学校、高校での行事にもオリジナルTシャツは活躍します。部活動のユニフォームにもご活用ください。詳しい内容は大阪の専門業者のサイトまで。